スターハンターFX

【概要】FXシグナルソフト

【販売元】 グローバル・ロイズ株式会社

【対象レベル】超初心者 通称スタハンFX

>>販売ページを見てみる

 

スターハンターFXはトレンドを敏感に感知出来るツールです

【トレードスタイル】

15分足と4時間足を同時に監視し、サインが来たらエントリーチャンス

1日数回のトレードが基本

 

【利食い目安】

10pips~200pips前後(※相場の状況により異なります)

 

【売買ルール】

2通貨ペアを同時に監視しながら

トレンドの方向を一方に絞りながらエントリー

サインが表示されればエントリーチャス

 

どうも~ゆめです♪

スターハンターFXの方も実際に入手してみましたので

メタトレーダーに入れて検証してみました☆

 

ロジックは順張りになり

トレンドの流を瞬時に感知出来るツールです

 

推奨通貨ペアはユーロドル。ですが、

基本的に全ての通貨に対応しています。

私の場合はポンドドルでも実践しています^^

 

トレンドフォロー型のロジックなので、当然レンジには弱いという特徴がありますが

高度なフィルターにより

サインの信頼度的にはかなり高めです

 

もちろん、まだ検証期間が浅いので何とも言えない部分がありますが

かなり安定した状態でサインを出してくれます

 

不安定な相場ではサインは出ません

こちらは先程のチャートを更に詳しく検証したチャートです

4時間足 長ひげ出現

15分足  トレンドは一気に「買い」が優勢に

 

「買い」のシグナルを4時間足と照らし合わせて検証すれば

かなり良いサインを出しているのがお分かり頂けるかと思います

 

FXにおいては、やはり上記のような根拠のあるエントリーが重要です。

トレンドフォロー型のツールの場合、

いかにトレンドの状態を正確に掴んでいるかが重要になり

利食いのコツでもあります

 

相場の抵抗ラインを簡単に把握出来ます

ゴールデンスパイダーFXと同様に

スターハンターFXサポート、レジスタンスラインを自動表示

色別に相場の抵抗ラインの強度を事前に把握することが可能です

 

このブログで何度も書いていますが

相場というものは、「抵抗ライン」を目安に反発を繰り返していきます

 

なぜなら、世界中のトレーダー達がラインを基準にトレードを行なっているからです

もちろん、FXトレーダー全員がラインを基準にトレードしている訳ではありませんが

大多数のトレーダーが行う手法は

それだけで優位性が高くなるのは当たり前のことです

 

更に、こんなことも可能になります

 

レジスタンスを抜けて一気にブレイクアウト

典型的なブレイクアウトの成功例です

 

事前に抵抗ラインの強度を把握出来る為

上記の様にトレンドに乗って一気に大きな利益を獲得することも可能。

「押し目、戻り」を狙えば尚効果的です

 

「スターハンターFX」が比較的安定したシグナルを出せるのは

基本となるロジックに秘密が有るようです

>>ロジックの詳細はこちら

 

もちろん、絶対では無いとは思いますが

トレンドの方向を一方に絞って的確なタイミングでサインを出してくれます

 

スターハンターFXシグナルの強度について

スターハンターFXは、サインの強度を星マークの大きさで確認出来ます

星マークが大きい程、サイン信頼度が高く、

連続してスライドすればトレンドが発生している証拠になります

 

全てのサインに従うのではなく、

大きな星マーク(スター)のみに絞ってエントリーすると効果的です

 

尚、決済ルールに関してですが

基本的には10pips~200pips前後

デイトレなので利益幅がスキャルよりも広めです

 

せっかくサポレジラインが表示されるので

大きな抵抗ラインを利益確定の目安にすれば

より安定した利益確保に繋がると思います

 

総合評価

スターハンターFX

評価90点 

 

「スターハンターFX」も「ゴールデンスパイダーFX」も

共に類似したトレンドラインを攻略出来るツールです

 

ゴールデンスパイダーFXに比べて、やや機能面で劣る面もありますが

サインの信頼度を星マークの大きさで測ることが出来るので

初心者のとっては重要な判断材料になると思います

 

ゴルスパの場合は、この様に斜めのラインが表示されます

 

一方、スターハンターFXはレジサポラインのみです

 

しかし、初心者の方からしてみれば

かえってチャートがシンプルな方が良いのかも知れません


FXで大切なのは「方向性」と「タイミング」です

スタハンFXでまずは勝つことを覚えるのも良いと思います

>>>スターハンターFXの詳細はこちら