相場は小刻みにレートが変化するものです。

我々トレーダーが相場から少しでも利益を獲得する為には、相場分析が欠かせません。

「前日の高値」

「前日の最安値」

最低でもこの2つは日々のトレードで重要になってきます

※特にポジションを長く持つデイトレードは尚更。


FXで継続的に利益を獲得し続ける為には

「トレンド転換を見極めること」も結構重要になってきます

 

資金効率を考慮した上でも

ポジション持ったら、大きく相場が反転する前にクローズしてしまうのが理想ではないかと考えております

 

一口に「トレンド転換」と言われても、そのパターンは様々です

とりわけ一般的なのが「長ヒゲでトレンド転換」というのが一般的でしょうか?

長ヒゲでトレンド転換が起こる確率は、

短い時間足よりも長い時間足の方が信頼度も高くなる傾向があります

 

ユーロ円12月30日5分足チャートの分析結果

 

 

144.454付近を境に、一旦相場は約40pips程上昇

145.00付近で再度トレンド転換

トレンドラインを上に突き抜けていることから、やや上向きトレンドであることが判断出来ます

 

ちなみに、初めにご紹介したこちらのチャートと上記のチャートは

同じタイミングのチャートです

 

 

ゴルスパFXの紫のラインは特に強い抵抗(レジスタンス)を示しており

相場は、抵抗付近に到達すると高確率で反発が起こります


ゴールデンスパイダーFXの「トレンドライン(黄金のクモイト)」は相場の抵抗ラインを自動で描写。

上記のパターンの様に、トレンドの転換地点を簡単に把握することが可能です

特に、太いラインは多くのトレーダーが注目するラインでも有るため、

非常に重要意味を持つなラインとなっております

 

このページでは、トレンド転換のタイミング・見極め方をテーマに

ユーロ円チャートを少し細かく分析してみました^^

 

この様に、過去チャートを分析することはとても重要です

ゴルスパなら、過去チャートの勉強もとてもスムーズに行えます