当ブログではゴールデンスパイダーFX(ゴルスパFX)をリアル口座で実践しています

日々の検証の結果など、実践チャートを通して詳しくレビューしております

>>ゴルスパFXの詳細はこちら

 

こちらはユーロドル5分足チャート(2014年2月1日)

EURUSD 5M

金曜日にはトルコ金利政策の発表があり、相場は一時的に上昇。

ドル円もその影響で一時的に103円台前半まで吹きましたが、

空しくも急落。ドル円は、一時は102円台後半まで暴落しました

 

ここ数日でドルは104円→102円まで暴落。

昨年のキプロスショックでは1日でドル円が3円、ユーロが5円程暴落しましたから

キプロスショックに比べれば、今回の暴落は未だかわいい方ですが

先月1月2日に付けた最高値105円に戻るとしても、相当時間がかかるとのことです。

 

まぁ、ドル円はユーロ円、ポンド円に比べ、動きが安定しているので

いきなり1日で5円とか上下することは無いでしょうが、

日足の一目を割った状態なので、当分この状態が続きそうですね^^;

 

さて、本日のこちらのユーロドルチャートですが▼

一旦下へゆっくりブレイクした後に、再度上昇しています

仮にブレイクアウトなら、

丁度反転している所で決済をすることが望ましいでしょう。


ちなみに、トレンドラインがクロスした状態は、トレド転換を意味しており

時には大きなトレンド転換のサインとも捉えることが出来ます

 

仮にポジションを持っていた場合、きちんと無駄なく利益を確保するには

大きくトレド転換する手前でクローズしてしまうのが

勝ち逃げの条件となります

 

トレンドラインのクロス=トレンド転換

。。。。絶対ではありませんが、覚えておくと便利です

 

結構私も経験するんですが、ユーロドルなど、流通量の多い通貨の場合

ボラティリティーが高いので、

せっかく獲得した利益が気が付いたら無くなってしまった。。。

という経験が誰しもあると思います

 

「未だ伸びるかな?」

。。。と良くばったりすると、余り良いことが無いことが多いので

利益が発せしたら、

切の良い所で「利益確定」させてしまうようにしています^^

 

今週もドル円の伸びがあまり良く無い1週間でしたが

次週もこの調子で頑張って行きたいと思います

ゴルスパFXの詳細はこちら